MASA流ブログ 〜新旧ガジェット情報を自分流にご紹介〜

新旧ガジェット、MVNO、時々普段感じたことを自分の目線で時に楽しく、時に厳しい目線で紹介しています。

ついつい続けてしまう英会話学習アプリ、Duolingo レビュー

マサリュウです!

 

今回は僕が普段使用しているアプリ、Duolingoを紹介したいと思います。

 

このアプリは簡単に言うと言語の基礎を学習するためのアプリです。

Duolingo | 英語を学ぼう

Duolingo | 英語を学ぼう

  • Duolingo
  • 教育
  • 無料

 

play.google.com

これまで僕はいくつかの英会話アプリを使って来ましたが、このDuolingoの個人的に感じた一番の特徴は学習し続けられる為の様々な工夫がされている、と言うところです。

 

Duologoの使い方

 

Duolingoのアプリ起動時の画面はこんな感じです。

(画面はiOS版です。)

f:id:MASAryu:20170902223341p:plain

勉強したい項目を選択すると、さらに項目を選びます。

f:id:MASAryu:20170902233916j:plain

問題に正解していくと上のゲージがたまっていきます。

f:id:MASAryu:20170902235503p:plain

ゲージがたまるとクリアになります。

f:id:MASAryu:20170902235559j:plain

一日の目標が達成されると、継続日数が伸びます。

f:id:MASAryu:20170903011355p:plain

 

Duolingoを続けられる理由

 

上の使い方だけ見ると他にも同じアプリはいくらでもあるように思えますが、三日坊主の僕がこれまで423日もの間続けられているのには訳があります。

1つ目は達成度は100%に到達していても、一定期間そのままにしておくと、その達成度が下がっていってしまうところです。

せっかく上げた達成度を下げたくなくて、続けてしまいます。

2つ目は一日サボってしまうと継続日数が0に戻ってしまうというところです

せっかく続けてきた記録がなかったことになってしまうのはいやだ、という思いからついつい空き時間を利用してやってしまいます。

 

英語ができる人は多言語学習も可能 

 

 

さらに、英語力がある程度ある方で他の言語に興味を持っている方は英語で出題される以下の言語を選択することもできます。

 ・スペイン語

 ・フランス語

 ・ドイツ語

 ・イタリア語

 ・ポルトガル語

 ・ロシア語

 ・オランダ語

 ・スウェーデン

 ・アイルランド語

 ・トルコ語

 ・ノルウェー語(ブークモール)

 ・デンマーク

 ・ポーランド

 ・ヘブライ語

 ・ベトナム語

 ・エスペラント語

 ・ギリシャ

 ・ウクライナ

 ・ウェールズ語

 ・スワヒリ語

 ・ルーマニア語

 ・高地ヴァリリア語

高地ヴァリリア語なんて、どこで使われているかさえ分かりませんが・・・(^^;

とにかくたくさんの言語に対応しているので、興味のある方は試してみてください。

 

三日坊主さんの英語の基礎学習にお勧め 

 

このアプリに出題される問題は中学英語レベルの基礎的なものが多いので、英会話初心者の基礎知識を得るにはもってこいの教材だと思います。

また、英語の基礎知識の反復練習にもなります。

英語を基礎から勉強したいけど、どうしたらいいのか悩まれている方、基本的にほとんどの機能が無料で使用することができるので、一度試してみてはいかがでしょうか?

android 8.0(oreo)を降らせてみた!(前編)

マサリュウです!

(少し前の話ですが)発表されましたね!android 8.0(oreo)(^o^)

とは言っても大半の端末に降ってくるまでには各社のカスタマイズ等が入るので、行き渡るにはかなりの時間を要すると思います、対応する端末にも限りがあると思います(・・;)

 

僕はGoogleのリファレンスモデルであるNexus 6Pを持っていて、いち早く最新OSが提供されるので、久しぶりに引っ張り出して導入してみましたので、使用感等をお伝えしたいと思います!

 

最速でandroid 8.0(oreo)が降ってくる端末

 

 その前に現状android 8.0(oreo)がいち早く提供される端末について書きたいと思います。

今回android(Oreo)がいち早く提供される端末は以下の端末です。

 

Nexus 5X

Nexus 6P

Nexus Player 【日本未発売】

・Pixel C 【日本未発売】

・Pixel 【日本未発売】

・Pixel XL 【日本未発売】

 

 

昨年からNexusに代わり始まったシリーズであるPixelは日本では未発売のため、日本ではじめにOreoが提供される端末は実質、一昨年前に発売されたNexus 5XNexus 6Pとなります。

Nexus 5XとNexus 6Pの前年に発売されたNexus 6は今回提供対象外になっているので、恐らく最新のOSがNexus 5XとNexus 6Pに降ってくるのは今年が最後だと思います(ToT)

今年はPixel2が出るということですが、日本国内で発売されるかは未定です。今年こそ日本でも出て欲しいですね!

 

android 8.0(oreo)の降らせ方

 

Nexus 5X、Nexus 6Pをお使いの方がOSアップデートをされるとき、通常は通知が来るまで待たないと提供されません。

(これをOSが降って来る、といいます。)

過去の経験上、実際にOSが降って来るのはかなり遅い印象があります。

 

しかし、実はNexus端末はとある方法を行うことで、簡単に最新OS素早く上げる(降らせる)ことができます。

もちろん、危険なやり方じゃありませんよ(^_^;)

Googleから提供されている手法です。

 

まずは各種ブラウザでhttps://www.google.com/android/beta/にアクセスします。

因みにこのページにはアップデート対象の端末から実行する必要はありません。

始めにログイン画面が出るので、グーグルアカウントでログインします。

そうすると以下の画面が表示されます。

f:id:MASAryu:20170825221017j:image

下にスクロールするとログインしたアカウントに登録されている対象のNexus端末が表示されるので、「端末を登録」ボタンを選択します。
f:id:MASAryu:20170825221031j:image

同意画面が表示されるので、同意するにチェックを入れ、「ベータ版に参加する」ボタンを選択します。
f:id:MASAryu:20170825221134j:image

下の画面が表示されたら「OK」ボタンを選択します。
f:id:MASAryu:20170825221156j:image

しばらくするとOSアップデートの通知が来るので、指示通り進むことでインストール完了です。

 

降って来るまでには個体差があるようですが、僕の場合は上の処理が完了後一般もしないくらいくらいで通知が降ってきました。

 

最後にアップデート後はできればベータ版への参加を解除することをオススメします。
もし次回のバージョンアップのベータ版へアップデートしてしまう可能性があるからです。
個人的に、ベータ版は不具合がある場合も多いため、僕らのような一般ピープルが使うには対応しきれない場合が多いからです。

 

次回はandroid 8.0(oreo)の新機能と使用感を書きたいと思います(^^)

【私想】YouTuberの定義

マサリュウです。

 

以前は自宅に帰ってすぐに必ず点けていたのはテレビでした。

それが今では完全にそれがYouTubeに取って変わり、毎日好きなYouTuberさんの動画が上がるのを楽しみにしています。

最近ではライブにコメントをするようになり、新しいYouTubeの魅力にはまりつつあります。

 

YouTuberの分類

 

個人的にはこういう呼び方は好きではないのですが、YouTuberさんにはおおまかにふたつに分類されます。

(気分を害された方がいらっしゃったらスイマセン)

 •大手YouTuber

 •底辺YouTuber

という分け方です。

大手とは何十、何百万人のチャンネル登録者がいて、テレビやイベントに引っ張りだこの方々をいいます。

一方底辺YouTuberとはそれ以外の登録者が少ない登録者が少なく、他にもお仕事をされている方が一般的です。

もっと簡単にいうと大手以外のYouTuberさん全般を指します。

 

近年小学生のなりたい職業にYouTuberが上がるそうですが、その子たちが思い描くYouTuberは、◯カ◯ンや、は◯め◯ゃ◯ょーのような人たちだと思います。

一方僕は、というと当然大手YouTuberは.....ほぼ見ていませんww

 

僕の中のYouTuberと言うのは大手ではなく底辺YouTuberさんの動画やライブばかりを見ています

 

底辺YouTuberの魅力

 

僕はガジェット関連の商品レビューをされているYouTuberさんの動画をよく見ています。

僕の拝見するYouTuberさんたちは僕らのような一般人とほぼ同じ金銭感覚で断捨離をしながら、四苦八苦して買ったものをレビューしているところが、すごく親近感が湧きます。

趣向は違えど僕らと同じ目線で商品を紹介してくださるので、参考になるし、説得力があります。

中には動画の作り方や登録者が増えない、アンチの誹謗中傷など、YouTuberならではの悩みを打ち明け、日々努力されている姿を垣間見ることもできるので、身近な友達のような感覚で応援することができます。

ライブのコメントにしても参加人数が多いほどコマンドが増え、誰が何を書いているのか収集がつかなくなりますが、少人数であれば、実際にYouTubeや他のコメントしている方たちと会話しているように、親近感のあるライブになります。

 

一方大手と呼ばれるYouTuberさんは、フルスペックのガジェットや目が飛び出るような値段のカメラを複数台買ったりして、レビューをされるんですが、一般人がそうそう手を出せない製品をレビューされても、参考にならないし、それを自慢したいだけのようにさえ見えてしまいます。

大手YouTuberさんの中には、それほど登録者数の多くない頃から見ていた方もいますが、人気が出るにつれ買うものが高価になってしまい、あまり動画も見なくなってしまいました。

ライブをされている人もいますが、とんでもない人数の方が書き込まれるので、誰も読めない状況になることも多々あります^^;

 

以前YouTubeのCMでよく“好きなことして生きていく”というキャッチフレーズが流れていましたが、実践出来ているのは、個人的には大手YouTuberではなく、断然底辺YouTuberだと思っています。

 

もしトップYouTuberさんの動画ばかりを見ている方がいらっしゃったら、一度違う目線で動画を検索してみると新しい発見があるかもしれませんよ(^-^)

あまり知られていないモバイルルータWorld Touchレビュー(機能、使用感、総括編)

マサリュウです!

今回はWorld Touch紹介レビューの後半になります!

前編を見ていない方はこちらを見てから来ていただけると幸いです。

 

masaryu.hatenadiary.jp

 

今回はWorld Touch独自の機能、実際の使用感、最後にこのサービスを皆さんにお勧めできるかについて書いていきたいと思います。

 

機能説明:キーワードはクラウドSIM

 

現在発売されているモバイルルータはSIMカードを差すことによって通信が可能となります。

f:id:MASAryu:20170820191413j:plain

501HWは電池パックの下に入っています。

 

World Touchの場合、契約をしていればSIMカードを差さなくても通信を行うことが可能です。

なぜSIMカードが要らないかというと、World TouchにはクラウドSIMというソフトウェアで制御する仮想SIMのような機能が内蔵されています。

世界WiFiのホームページでは、クラウドSIMについて以下のように説明しています。

クラウドSIMシステムでは、このSIMカードを通信端末ではなく、世界WiFiクラウドSIMサーバー上で管理しています。世界WiFiの各端末にはコントロールSIMと呼ばれるソフトウェアが組み込まれており、このコントロールSIMに対してクラウド上のSIMカードを割り当てることで通信を可能にしています。

f:id:MASAryu:20170820201455j:plain

 

 要はWorld Touch内部のクラウドSIMが各社のSIMに化けることができる、ということです。

クラウドSIMサーバ内には国内3大キャリアの情報も含まれているため、理論上、World Touchの通信エリアは日本国内においてはDoCoMoauソフトバンクすべての通信エリアをカバーすることになるんです!

f:id:MASAryu:20170820202003j:plain

因みに、World Touch本体にはMicroSIMのトレイがありますが、そこにSIMカードを挿入すると、そのSIMカードの通信を優先的に行うことになる、とのことです。

f:id:MASAryu:20170821023628j:plain

 

これだけ聞くと、魅力的な端末に思えますが・・・

 

使用感:実際の使用感は・・・

 

実際に使用してみた感想ですが、はっきり言うと、まだ最新の通信技術であるということもあり、一言でいうとこれ一つに自分のモバイル環境を賄うのは不安です。

8月の上旬までは上り、下りともに8Mbpsまでしか通信速度が出ないように制限がかけられていたようでした。

僕は普段都会に住んでいるため、通勤時間帯などの混雑時でも3~5Mbpsくらいは出ていました。

ですが、ど田舎である地元に帰ると終日100kbpsすら出ない始末。

f:id:MASAryu:20170820212425j:plain

計測した日はお盆休み中でしたが世界WiFiのサポートに苦情のメールを送ってしまいました^^;

 

そうすると、その翌日、世界WiFiからの返信はありませんでしたが、急に見違えるように通信速度が速くなり、余裕で8Mbpsを超えるようになりました。

f:id:MASAryu:20170820212739j:plain

 

8月下旬現在、比較的安定してきていますが、時々速度が落ちてしまうと1Mbpsを割り込むこともあり、時々サーバトラブルで通信が止まってしまうこともあるので、安心して使えるようになるためにはもう少し様子見が必要ですね(><)

 

総括:皆さんにお勧めできるのか?

 

結論から言うと、個人的にはWorld Touchはほとんどの方にオススメできません。Σ( ゚Д゚)

このサービスは僕のようにクラウドファウンディングで投資した人にとっては利点のあるサービスだと思います。

何故なら、クラウドファウンディングで投資した場合と現在販売されている場合では、端末本体価格と月々の利用料に差があるからです。

クラウドファウンディングで契約した場合と、現在契約した場合の価格は以下の通りです。

 

  World Touch
クラウドファウンディング
支援者
通常販売
通信容量(税込) 90GB(一日3GB) 90GB(一日3GB)
本体価格(税込) ¥13,960 ¥21,384
初回手数料(税込) ¥3,240 ¥3,240
月額使用量(税込) ¥3,220 ¥4,104

 

初回手数料は同じですが、本体価格、月額使用料はかなり通常販売の方が高くなっています。

通常販売の価格はキャリアのモバイルルータに比べて魅力を感じますが、僕がWorld Touchを使う前から使用している民泊WiFiの代表的な会社の価格と比較するとこうなります。

  World Touch
FujiWiFi
100GBプラン
iVideo
クラウドファウンディング
支援者
通常販売 SoftBank回線
使い放題
au使い放題
通信容量(税込) 90GB(一日3GB) 90GB(一日3GB) 月間100GB 無制限 無制限
(3日10GB制限あり)
本体価格(税込) ¥13,960 ¥21,384【キャンペーン適用】
¥25,920【通常】
なし
(レンタル品)
なし
(レンタル品)
なし
(レンタル品)

初回手数料(税込)

¥3,240 ¥3,240 ¥2,140 ¥1080 ¥1081
月額使用量(税込) ¥3,220 ¥4,104 ¥3,992 ¥4,190 ¥4,320

 

民泊WiFiは本体がレンタルなので、本体代もかからず、使える容量も大きいため、わざわざ世界WiFiを選ぶ理由はないように思えてしまいます。

また、世界WiFiには縛りがあり1年以内の解約の場合、¥5,000の違約金が発生しますが、民泊WiFiにはそれがなく、FujiWiFiは月ごと、iVideoは30日単位の契約となります。

クラウドファウンディング契約者は2年縛り、違約金は¥9,800(税込)です。)

僕が世界WiFiを勧められる人は、

 新しい通信技術をいち早く試してみたい方

 海外旅行が多く、現地でのSIMの契約が面倒な方

くらいでしょうか・・・( ̄▽ ̄;)

 

以上の理由から国内利用を考えた場合、民泊Wifiを選ぶ方が幸せになれる、と言うのが個人的な結論です。

結構ボロクソな感想を書いてきましたが、僕はどうするかというと・・・、もうしばらく使い続けようと思っています。

違約金を払いたくない、というのは当然ですが、不安定ではありますが、通信速度などは明らかに向上しています。

せっかく新しいサービスを、思う存分使えるので、大化けするのか、一転して悪化の一途をたどるのか、もう少し見ていこうと思います。

あと、個人的にこういう少しジャジャ馬感のあるサービスって愛着が湧くし、みんなが使っていない物を持っているという優越感もあるんですよね。

また何か進展や発見があったら記事にしようと思います。

もし知りたいことがりましたらお答えしますので、コメントにでも書いてもらえれば幸いです^^

あまり知られていないモバイルルータWorld Touchレビュー(外観、スペック、価格編)

マサリュウです!

今回は初のガジェット紹介になります。

読みにくいかもしれませんがよろしければお付き合いください^^;

最初のガジェット紹介は最新技術を利用したモバイルルータ、World Touchです。

話が長くなりそうなので、2回に分けて紹介していきます。

まずは今回紹介するモバイルルータを購入するに至った経緯をお話しします。

 

最初はほんの出来心だったんです・・・(笑)

 

僕は昨年まではMVNOに着目し、色んなSIMを契約したり、解約したりしていました。

それが今年になり一変しました。

昨年末から一部のYouTuberさんが導入されていた民泊系WiFiに興味を持ち、1か月毎に契約できる、レンタルなので高い本体を買う必要がない、使用容量無制限などの沢山の魅力に興味を持ち、お試しでFujiWiFiという会社の使い放題プランを契約してみたところ、あまりの快適さに抜け出せなくなってしまいました^^;

 

その後何の不自由もなく快適に使用していた時、クラウドファウンディングサイトに掲載されていた”World Touch”なる、これまでにない通信方式を採用したルータを発見し、考えまくった末、投資して、5月末より使用しています。

 

外観はかなり安っぽい印象^^;

 

 外観はこんな感じです。

 この製品は赤とグレーがありますが、私は仕事にも持ってく関係上、あまり目立たないグレーを選択しました。

f:id:MASAryu:20170819183128j:plain

上部の黒い窓は一見液晶画面に見えますが、これは液晶画面ではなく、4つのマークが状況によって色が変化するだけなんです。これだけでは使った容量などの情報が全く分かりません。

使用容量を知るには、専用アプリを使わないと分かりません。

f:id:MASAryu:20170819202439j:plain

手触りはサラサラした印象ですが、写真を見たところ、赤色は少し光沢がある印象だったので、赤色は手触りが違うのかもしれません。

 

次に大きさですが、比較としてFujiWiFiさんでレンタルしている501HWと並べてみました。

まずは上から

f:id:MASAryu:20170819211552j:plain

続いて高さを比較するとこんな感じ。

 

f:id:MASAryu:20170819211622j:plain

大きさ自体は全体的に平均的な501HWよりは大きく感じます。

ポケットに入れてみると存在感も違います。 

全体的な印象はパッと見、モバイルルータのように見えず、おもちゃっぽく見えます。電源ボタンを押すとポコポコと中身が詰まっていないな、と感じます(笑)

もう少し、高級感があってもいいかな、と感じました。

 

スペックも数値上は微妙・・・^^;

 

続いてスペックについて説明します。

こちらも501HWと比較してみます。

 

  World Touch 501HW
サポートネットワーク 4G:LTE FDD, TDD
3G:HSUPA, HSDPA, UMTS
4G方式:FDD-LTE, AXGP
最大速度 MAX upload at 50Mbps
MAX download at 100Mbps
MAX upload at 37.5Mbps
MAX download at 187.5Mbps
サイズ 幅115.6 × 高さ64.3 × 厚さ17.9mm 幅104×高さ60×厚さ18.2mm
重さ 146g 約 150g
ポート Micro USB 2.0 port Micro USB 2.0 port
GSM / GPRS / EDGE 1900 / 1800 / 900 / 850 MHz
HSUPA / HSDPA / UMTS 2100 / 1900 / 900 / 850 MHz 2100 MHz
LTE FDD : Band 1/3/5/7/8/17/19/20
TDD : Band 38/39/40/41
FFD:Band 1/3/8
AXGP:Band 7
WIFI IEEE802, 11b/g/n IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー 6,000 mAh 3,000mAh
SIMスロット マイクロSIMカード1枚分 マイクロSIMカード1枚分
同時接続台数 5台 10台
連続通信時間

約14時間

約10時間

 

最大速度は501HWと比べると下りはかなり見劣りしますが、これはあくまで論理値で、実効値で100Mbpsを上回る数値が出ることはほとんどありませんし、これも個人的には気にしていません。

この端末はWorld Touchという名前から分かる通り、海外で使用することを想定している端末のため、対応周波数はかなり広めです。

人によってはWiFiがb/g/nしか対応していないことに不満を持つ方もいるかと思いますが、僕は屋外での通信は速度より安定性を重視するため、問題ありません。

また、この端末は6,000mAhという大容量のバッテリを積んでいますが、約半分のバッテリ容量しかない501HWと連続通信時間を比べるとそれほど差は出ていません。

実際に使用してみると、501HWは1日持ち歩いているとほぼバッテリが空になりますが、World Touchは4割くらい残っているので、大容量バッテリの恩恵は受けられているように思います。

同時接続台数は5台とかなり少なく、普段から持ち歩くガジェットの台数が多い人は注意が必要です。

 

 全体的に近年のモバイルルータと比べると見劣りする点が多いと思いますし、ハイエンドとは言い難い性能ですが、持ち歩くルータに高い性能は必要ないと考えているので、個人的に不満はありません^^

 

価格

 

次に価格について説明したいと思います。

  World Touch通常販売
通信容量(税込) 90GB(一日3GB)
本体価格(税込) ¥21,384
初回手数料(税込) ¥3,240
月額使用量(税込) ¥4,104

 

このモバイルルータは大手キャリアのモバイルルータに比べると価格自体はそれほど安さを感じませんが、大手キャリアの容量が多くても7GBであることから比べると、一日3GBという容量は魅力的だと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

次回はなぜ僕がこの端末の機能、使用感、そして現状このモバイルルータはお勧めできるのか、について書いていきます。

 

はじめまして!

皆さん、はじめまして!

マサリュウと申します!

 人生初ブログで緊張しています(笑)

このブログでは、主にガジェットに関する様々な情報や豆知識をみなさんと共有していきたいと考えています^^

 

 最新ガジェット情報

 ・懐かし端末談議

 ・端末に関する豆知識

 ・定番アプリ

 ・あまり知られていないけど使えるアプリ

 ・MVNOに関する情報

 ・携帯3大キャリアに関する情報

 

他にも気になることがあったらガジェットに関係ないことも、色々書き綴って行きたいと考えています。

ガジェット好きな人もそんなに知識がない人も参考にしていただけるようなブログにしていきたいです(^^)

少しでも興味を持たれた方がいらっしゃれば、今後も気軽に見に来ていただけると嬉しいです!

 

三日坊主にならないよう楽しく続けていきたいと思っています!

一人でも僕のブログが人の役に立てたら嬉しいです!

不束か者ですが、よろしくお願いします^0^