MASA流ブログ 〜新旧ガジェット情報を自分流にご紹介〜

新旧ガジェット、MVNO、時々普段感じたことを自分の目線で時に楽しく、時に厳しい目線で紹介しています。

あまり知られていないモバイルルータWorld Touchレビュー(外観、スペック、価格編)

マサリュウです!

今回は初のガジェット紹介になります。

読みにくいかもしれませんがよろしければお付き合いください^^;

最初のガジェット紹介は最新技術を利用したモバイルルータ、World Touchです。

話が長くなりそうなので、2回に分けて紹介していきます。

まずは今回紹介するモバイルルータを購入するに至った経緯をお話しします。

 

最初はほんの出来心だったんです・・・(笑)

 

僕は昨年まではMVNOに着目し、色んなSIMを契約したり、解約したりしていました。

それが今年になり一変しました。

昨年末から一部のYouTuberさんが導入されていた民泊系WiFiに興味を持ち、1か月毎に契約できる、レンタルなので高い本体を買う必要がない、使用容量無制限などの沢山の魅力に興味を持ち、お試しでFujiWiFiという会社の使い放題プランを契約してみたところ、あまりの快適さに抜け出せなくなってしまいました^^;

 

その後何の不自由もなく快適に使用していた時、クラウドファウンディングサイトに掲載されていた”World Touch”なる、これまでにない通信方式を採用したルータを発見し、考えまくった末、投資して、5月末より使用しています。

 

外観はかなり安っぽい印象^^;

 

 外観はこんな感じです。

 この製品は赤とグレーがありますが、私は仕事にも持ってく関係上、あまり目立たないグレーを選択しました。

f:id:MASAryu:20170819183128j:plain

上部の黒い窓は一見液晶画面に見えますが、これは液晶画面ではなく、4つのマークが状況によって色が変化するだけなんです。これだけでは使った容量などの情報が全く分かりません。

使用容量を知るには、専用アプリを使わないと分かりません。

f:id:MASAryu:20170819202439j:plain

手触りはサラサラした印象ですが、写真を見たところ、赤色は少し光沢がある印象だったので、赤色は手触りが違うのかもしれません。

 

次に大きさですが、比較としてFujiWiFiさんでレンタルしている501HWと並べてみました。

まずは上から

f:id:MASAryu:20170819211552j:plain

続いて高さを比較するとこんな感じ。

 

f:id:MASAryu:20170819211622j:plain

大きさ自体は全体的に平均的な501HWよりは大きく感じます。

ポケットに入れてみると存在感も違います。 

全体的な印象はパッと見、モバイルルータのように見えず、おもちゃっぽく見えます。電源ボタンを押すとポコポコと中身が詰まっていないな、と感じます(笑)

もう少し、高級感があってもいいかな、と感じました。

 

スペックも数値上は微妙・・・^^;

 

続いてスペックについて説明します。

こちらも501HWと比較してみます。

 

  World Touch 501HW
サポートネットワーク 4G:LTE FDD, TDD
3G:HSUPA, HSDPA, UMTS
4G方式:FDD-LTE, AXGP
最大速度 MAX upload at 50Mbps
MAX download at 100Mbps
MAX upload at 37.5Mbps
MAX download at 187.5Mbps
サイズ 幅115.6 × 高さ64.3 × 厚さ17.9mm 幅104×高さ60×厚さ18.2mm
重さ 146g 約 150g
ポート Micro USB 2.0 port Micro USB 2.0 port
GSM / GPRS / EDGE 1900 / 1800 / 900 / 850 MHz
HSUPA / HSDPA / UMTS 2100 / 1900 / 900 / 850 MHz 2100 MHz
LTE FDD : Band 1/3/5/7/8/17/19/20
TDD : Band 38/39/40/41
FFD:Band 1/3/8
AXGP:Band 7
WIFI IEEE802, 11b/g/n IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー 6,000 mAh 3,000mAh
SIMスロット マイクロSIMカード1枚分 マイクロSIMカード1枚分
同時接続台数 5台 10台
連続通信時間

約14時間

約10時間

 

最大速度は501HWと比べると下りはかなり見劣りしますが、これはあくまで論理値で、実効値で100Mbpsを上回る数値が出ることはほとんどありませんし、これも個人的には気にしていません。

この端末はWorld Touchという名前から分かる通り、海外で使用することを想定している端末のため、対応周波数はかなり広めです。

人によってはWiFiがb/g/nしか対応していないことに不満を持つ方もいるかと思いますが、僕は屋外での通信は速度より安定性を重視するため、問題ありません。

また、この端末は6,000mAhという大容量のバッテリを積んでいますが、約半分のバッテリ容量しかない501HWと連続通信時間を比べるとそれほど差は出ていません。

実際に使用してみると、501HWは1日持ち歩いているとほぼバッテリが空になりますが、World Touchは4割くらい残っているので、大容量バッテリの恩恵は受けられているように思います。

同時接続台数は5台とかなり少なく、普段から持ち歩くガジェットの台数が多い人は注意が必要です。

 

 全体的に近年のモバイルルータと比べると見劣りする点が多いと思いますし、ハイエンドとは言い難い性能ですが、持ち歩くルータに高い性能は必要ないと考えているので、個人的に不満はありません^^

 

価格

 

次に価格について説明したいと思います。

  World Touch通常販売
通信容量(税込) 90GB(一日3GB)
本体価格(税込) ¥21,384
初回手数料(税込) ¥3,240
月額使用量(税込) ¥4,104

 

このモバイルルータは大手キャリアのモバイルルータに比べると価格自体はそれほど安さを感じませんが、大手キャリアの容量が多くても7GBであることから比べると、一日3GBという容量は魅力的だと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

次回はなぜ僕がこの端末の機能、使用感、そして現状このモバイルルータはお勧めできるのか、について書いていきます。