【私想】YouTuberの定義

マサリュウです。

 

以前は自宅に帰ってすぐに必ず点けていたのはテレビでした。

それが今では完全にそれがYouTubeに取って変わり、毎日好きなYouTuberさんの動画が上がるのを楽しみにしています。

最近ではライブにコメントをするようになり、新しいYouTubeの魅力にはまりつつあります。

 

YouTuberの分類

 

個人的にはこういう呼び方は好きではないのですが、YouTuberさんにはおおまかにふたつに分類されます。

(気分を害された方がいらっしゃったらスイマセン)

 •大手YouTuber

 •底辺YouTuber

という分け方です。

大手とは何十、何百万人のチャンネル登録者がいて、テレビやイベントに引っ張りだこの方々をいいます。

一方底辺YouTuberとはそれ以外の登録者が少ない登録者が少なく、他にもお仕事をされている方が一般的です。

もっと簡単にいうと大手以外のYouTuberさん全般を指します。

 

近年小学生のなりたい職業にYouTuberが上がるそうですが、その子たちが思い描くYouTuberは、◯カ◯ンや、は◯め◯ゃ◯ょーのような人たちだと思います。

一方僕は、というと当然大手YouTuberは.....ほぼ見ていませんww

 

僕の中のYouTuberと言うのは大手ではなく底辺YouTuberさんの動画やライブばかりを見ています

 

底辺YouTuberの魅力

 

僕はガジェット関連の商品レビューをされているYouTuberさんの動画をよく見ています。

僕の拝見するYouTuberさんたちは僕らのような一般人とほぼ同じ金銭感覚で断捨離をしながら、四苦八苦して買ったものをレビューしているところが、すごく親近感が湧きます。

趣向は違えど僕らと同じ目線で商品を紹介してくださるので、参考になるし、説得力があります。

中には動画の作り方や登録者が増えない、アンチの誹謗中傷など、YouTuberならではの悩みを打ち明け、日々努力されている姿を垣間見ることもできるので、身近な友達のような感覚で応援することができます。

ライブのコメントにしても参加人数が多いほどコマンドが増え、誰が何を書いているのか収集がつかなくなりますが、少人数であれば、実際にYouTubeや他のコメントしている方たちと会話しているように、親近感のあるライブになります。

 

一方大手と呼ばれるYouTuberさんは、フルスペックのガジェットや目が飛び出るような値段のカメラを複数台買ったりして、レビューをされるんですが、一般人がそうそう手を出せない製品をレビューされても、参考にならないし、それを自慢したいだけのようにさえ見えてしまいます。

大手YouTuberさんの中には、それほど登録者数の多くない頃から見ていた方もいますが、人気が出るにつれ買うものが高価になってしまい、あまり動画も見なくなってしまいました。

ライブをされている人もいますが、とんでもない人数の方が書き込まれるので、誰も読めない状況になることも多々あります^^;

 

以前YouTubeのCMでよく“好きなことして生きていく”というキャッチフレーズが流れていましたが、実践出来ているのは、個人的には大手YouTuberではなく、断然底辺YouTuberだと思っています。

 

もしトップYouTuberさんの動画ばかりを見ている方がいらっしゃったら、一度違う目線で動画を検索してみると新しい発見があるかもしれませんよ(^-^)