MASA流ブログ 〜新旧ガジェット情報を自分流にご紹介〜

新旧ガジェット、MVNO、時々普段感じたことを自分の目線で時に楽しく、時に厳しい目線で紹介しています。

自宅サーバー化計画始動!?HDD冗長化の基礎知識

お久しぶりです。

マサリュウです。

 

最近いろんなことがあり、YouTube、ブログ共にお休みしておりました。

申し訳ありません。

今後、少しずつ再開していきたいと考えております。

 

動画を編集するようになって扱うデータの容量が増えてきた為、自宅の作業環境を少しずつ変更していこうと考えています。 

これまでは基本的に一度動画を上げたら素材や動画を削除していました。

しかし、そうするとアップしてしばらくしてから修正箇所が見つかっても、修正できない、なんてことがありました。

 

そこで、自宅にNAS(Network Attached Storage)を導入しようと検討しています。

そこで、今回はNASについて、個人の備忘録もかねて考えていきたいと思います。

 

HDDの冗長化について

NASには複数のHDDが内蔵されており、万が一、一本のHDDが故障しても、データが失われることがありません。

冗長化にはRAID(Redundant Array of Independent Disk)と呼ばれる技術が使われます。

RAIDには数多くの種類がありますが、今回は代表的なものをご紹介します。

RAID0(ストライピング)

この方式は複数のHDDを論理的に一本のHDDとして見せることができます。

1ボリューム構成でHDD2本でRAID0を組んだ場合、HDD1本あたりの容量が2TBだったなら、合計4TBのHDDとして認識します。

f:id:MASAryu:20180630201612j:plain

ということで、この方式はHDDの冗長化は出来ず、HDDが一本でも壊れてしまえばデータも壊れてしまうので、あまりおススメの方式ではありません。

RAID1(ミラーリング)

この方式は二本のHDDに同時に同じデータを書き込みます。

f:id:MASAryu:20180630202945j:plain

片方のHDDが故障しても、もう一方のHDDが稼働しているので、データが失われることはありません。

f:id:MASAryu:20180630203322j:plain

また、壊れたHDDはNASを停止しなくても交換することが可能です。

ですが、2TBのHDDが2本あっても論理的には4TBではなく、2TBとしてしか認識しません。

デメリットとしては片方のHDDが壊れても一見問題なく動作しているように見える為、こまめにNASを確認して運用しないと知らないうちにHDDが二本とも故障してしまい、データが失われてしまう可能性があります

 

RAID10(1+0)

RAID10(1+0)は名前の通り、RAID0とRAID1を組み合わせた方式となります

f:id:MASAryu:20180705223058j:plain

RAID0で複数のHDDを論理的に1本のHDDとして認識し、それを2組用意し、同時にデータを書き込んでいく方式となります。

メリットとしてはRAID1の冗長化をより大容量で実現できる2つのRAIDタイプの長所を合わせた方式となっております。

また(運が良ければ)2本までHDDが故障しても動き続けることができるところです。

デメリットとしてはRAID1同様、定期的に確認していないとHDDが壊れていることに気付きにくい、という点が挙げられます。

また、最低4本のHDDが必要となる為、今回ご紹介するRAID方式の中では最低必要HDD数が一番多いです。

RAID5

現在企業の重要なサーバーなどで主流となっている方式です。

この方式は複数のHDDを一つ、もしくは複数のドライブにできる方式です。

これだけ聞くと一見RAID0(ストライピング)とあまり変わらないように見えますが、RAID5の場合はちゃんと冗長性が担保されているのが違うところです。

RAID5ではデータを書き込むときに各HDDに分散して、パリティ(誤り訂正符号)を書き込みます。

f:id:MASAryu:20180630220341j:plain

これによって、1本のHDDが破損しても、交換後にそのパリティを元にHDD交換後にデータの修正を行います。

なおパリティの総容量はHDD本分となります。

上記の図で各HDDの容量が2TBだった場合、使用できる容量が2TB×3本の計6TB、パリティがHDD1本分の2TBとなります。

デメリットはHDDが最低3本必要になってくるため、RAID1より若干コストが上がります。

また、RAID1同様、1本が破損していても気付きにくく、2本目が故障して、データの損失につながる可能性が有ります。

また、他の方式よりデータの書き込みが若干遅いという問題もあります。

 

で、どれにするの・・・?

上記の方式を考えると当然RAID0は冗長性がない為、候補からは真っ先に外れます。

コストと手軽さを考えるなら少ない本数のHDDで構築可能なRAID1となります。

個人的にNASを運用するならRAID1がおススメです

ですが、ネタとして弱いかな、と考えるとRAID1+0かRAID5のどちらか、ということになります(笑)

となると今回購入するNASはHDDが4本以上搭載できる物が対象となります。

同じ4本のHDDを使用した場合、使用できる容量はRAID5は3本分であるのに対して、RAID10は2本分となる為、効率よくHDDを使うにはRAID5ということになります。

よって今回はRAID5を構築できるNASを探していこうと思います

 

次回は実際に購入するNASを検討していきます。

それではまた。